年末ジャンボに当たる買い方を発見

年末ジャンボは連番で買って1等が当たれば前後賞もあわせて10億円。かなりの額です。

 

1等に当たらなくても、せめて1000万、100万、10万円でも当たってほしい。

 

 

と思うもの。でもまずは年末ジャンボを購入しないと、いつまでも絵に描いた餅。夢のままで終わってしまいます。

 

年末ジャンボ当たる買い方

 

 

夢が本物になるように、年末ジャンボが当たる買い方について調べてみましょう。

 

年末ジャンボ、サマージャンボ宝くじ、テレビでもニュースとして流れます。この宝くじ、「連番」と「バラ」という購入方法があります。

 

連番とは?

 

 

連番とはくじの番号が続いているもの。
くじの番号の1桁が番号順になっています。1,2,3,4,5,6,7,8,9,0とそろっています。

 

年末ジャンボで高額当選を狙う、より多くお金を手に入れたい人は連番を買うべきです。

 

これは年末ジャンボには1等当選番号の前後に、前後賞という副賞があり、連番で購入していると、1等プラスこの前後賞も手にすることが出来るからです。少しでも貰えるお金が多い方が良いですからね。

 

 

バラ

 

 

「連番」に比べ「バラ」はくじの番号がランダムに組まれているものです。バラだから高額当選は無理?という訳ではありません。

 

無作為に選ばれたくじが購入できるので、高額だけでなく当たる範囲が広がり、その分当選確率は上がります。

 

 

 

 

年末ジャンボは1枚300円。1枚からでも購入は可能です。

 

「当たりたい!」と思うのであれば、まずはチャンスセンターで宝くじを買ってみることです。

 

 

10枚単位で買っている人が殆どですが、1枚でも自分がほしい種類、枚数を売り場でリクエストすることが出来ます。

 

実はバラでも連番でも、10枚単位での購入は、下1桁が0-9に揃うようになっています。

 

 

つまり必ず1枚(300円)は当たるようになってるのです。

 

宝くじは専用の袋に入って渡されます。その場で自分が買ったものの種類を確認しましょう。

 

 

年末ジャンボの当たる確率を上げるには?

 

本当は「連番」と「バラ」どっちが当たりやすいか?実はどっちも確率としてはあまり差が無いのです。

 

連番で100枚買うと、下1桁(300円)10枚、下2桁(3000円)1枚の当選賞金を必ず手にする事が出来ます。

 

 

1000枚買うと、これで下1桁100枚、下2桁10枚、下3桁1枚の賞金を手にすることができ、また高額当選への確率も上がります。

 

それに連番を買う一番のメリットは1等と前後賞の両方を手にする事が出来ることです。

 

 

バラでくじを購入するメリットは、10枚単位でかうと下一桁の番号が0-9まであるので、下一桁(300円)は必ずあたり、購入するか枚数が多くなればそれだけ当選確率が上がることです。

 

年末ジャンボ当たる買い方

 

 

そう、年末ジャンボは枚数を多く買えば買うほど、当選確率が上がるわけです!

 

しかしそれだけ資金も必要になってくるわけで、そんなに年末ジャンボにお金を掛けられないと言う人もいるでしょう。

 

 

でもそんな人たちが行っているのが、家族や友達などグループで買うグループ買いです。

 

グループ買いは何人かがまとまって、その分枚数を多く買う形。一人で10枚でも10人集まれば100枚、それだけ当選する率が上がるのです。

 

 

私が前に試したのは、友達に一緒にお金持ちになろうと声を掛けてみる方法。

 

最初怪しまれますが、、(笑) 年末ジャンボを毎年買ってるような人なら賛同してくれます。

 

 

これは最も簡単に年末ジャンボの当選率を上げる方法。やっている人多いですよね。

 

みんなでまとまって、年末ジャンボで夢を見るわけです。

 

 

枚数多く購入することで、高額当選の確率が上がります。

 

もしも1等が当たったら、と家族や友達、仲間との連帯感も生まれ、絆も生まれるかも知れませんね。

 

 

>> 年末ジャンボ売り場、当たるのはココ!【統計学】で高額当選できた話 TOPへ